2006年 5月 18日
SpinNet カスタマーサポートセンター
 
Outbound Port25 Blocking
 
迷惑メールをシャットアウト! Outbound Port25 Blockingとは?

近年、ウイルスメールやフィッシングメールなどの迷惑メールを、接続で利用しているプロバイダのメールサーバを経由せずに、他のメールサーバへ直接送信するといった送信方法がセキュリティ上非常に問題になっています。これらの方法での迷惑メール配信を阻止するために、接続で利用しているプロバイダの送信用メールサーバ以外へのアクセスを制限するのがOutbound Port25 Blockingです。
Outbound Port25 Blockingは略して「OP25B」とも呼ばれており、迷惑メール対策の仕組みとして、国内のプロバイダで取り入れられつつあります。実際、SpinNetでOutbound Port25 Blockingを開始する際は以下のようなイメージになります。

 
迷惑メールはこうして阻止される!
 
Outbound Port25 Blockingを導入するメリット
自分が認識していない大量のメール配信や、意図しない個人情報の流出防止に役立ちます!
お客様のパソコンへの不正アクセスやウイルス感染などにより、他のメールサーバへの意図しない大量メール送信やパソコン内の機密情報の漏洩などが起きる可能性がありますが、25番ポートを塞ぐことによりこうした迷惑メールの送信を減少させることができます。
 
Outbound Port25 Blocking実施について
  • 2006年6月
    携帯電話向け送信メールの規制

    SpinNetのメールサーバを経由せずに携帯事業者のメールサーバに直接配信することを規制します。

  • 2006年10月
    SpinNet以外の送信用メールサーバへ向けたメールの規制

    SpinNetのメールサーバを経由せずに送信しようとするすべてのメールを規制します。ただし、SpinNet以外の送信用メールサーバがサブミッションポート587番を提供している場合は、メールソフトの設定により送信することが可能です。
 
対象のお客様
SpinNet eADSLサービス・フレッツ・ADSL・フレッツ・ISDN・Bフレッツ、フレッツ光プレミアムをご利用のお客様で、SpinNet以外の送信用メールサーバをご利用の場合
 
 
サブミッションポート587番の提供について
 
サブミッションポート587番+POP before SMTPについて
Outbound Port25 Blocking を実施しているプロバイダの接続をご利用のお客様のために、サブミッションポート587番を提供いたします。
今まで一般的に利用されていたのは、ポート25番と呼ばれているものですが「サブミッションポート」とは、ポート25番以外でお客様のメールソフトからメールを送信する際に使う「送信専用のあて先ポート」を意味します。 Outbound Port25 Blockingを実施しているプロバイダのメールサーバでは、前述したようにポート25番を通して送信していたメールが制限されます。
この対処法として、プロバイダがポート25番の通信経路以外でポート587番という新たな通信経路を用意したものを「サブミッションポート587番」と呼んでいます。
 
影響のあるお客様
Outbound Port25 Blockingを実施しているプロバイダのインターネット接続をご利用のお客様は、サブミッションポート587番へ、お客様環境の設定変更をすることにより、メール送信が可能となります。

※SpinNetの接続をご利用のお客様は変更の必要はございません。
 
設定変更方法
以下のページを参考の上サブミッションポート587番の設定を行ってください。
サブミッションポート587番の設定方法はこちら
 
Q&A
Outbound Port25 Blockingについてご不明な点がございましたら、こちらをご確認ください。


Page Top

バックナンバー
| 迷惑メール対策について | よくある質問メール編 |
| 25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)について | POP before SMTPについて |
| 迷惑メール新システム導入 |