ソフトウェア設定ガイドトップに戻る
Outlook Express 6.0 (Windows)
以下の情報をあらかじめお手元にご用意ください。
これらはご加入時に画面に表示されたほか、弊社よりお送りした登録確認通知書にも記載されています。
説明文章中で緑色の文字で表示されるこれらの情報は、ご自分のものに適宜読み替えてください。
メールパスワード
メールサーバー(SMTP/POP) 例)***.***.ne.jp
メールアドレス 例)csc@***.***.ne.jp
1. Outlook Express6を起動した後、メニューバー内の「ツール(T)」から「アカウント(A)」を選択し、「インターネット アカウント」のウィンドウを表示します。「メール」タブを選択し、「追加(A)」をクリックして「メール(M)」を選択します。
2. インターネット接続ウィザードの「名前」が表示されます。以下のとおり必要な情報を入力し、完了したら「次へ(N)>」をクリックします。
表示名(D):
お客様のお名前
*表示名(D):には漢字などの全角文字は使用せず、半角アルファベットを使用することをおすすめします。
3. 「インターネット電子メール アドレス」が表示されます。以下のとおり必要な情報を入力し、完了したら「次へ(N)>」をクリックします。
電子メール アドレス(E):
お客様のメールアドレス
*メールアドレスはすべて半角小文字で入力してください。
4. 「電子メール サーバー名」が表示されます。以下のとおり必要な情報を入力し、完了したら「次へ(N)>」をクリックします。
受信メールサーバーの種類(M):
POP3
受信メール(POP3)(I):
お客様のメールサーバー
送信メール(SMTP)(O):
お客様のメールサーバー
5. 「インターネット メールログオン」が表示されます。以下のとおり必要な情報を入力し、完了したら「次へ(N)>」をクリックします。
アカウント名(C):
お客様のメールアドレス
パスワード(P):
お客様のメールパスワード
*パスワードはアルファベットの大文字/小文字が区別されるのでご注意ください。
また、入力するときは日本語入力 システム(MS-IME)などを使用せず、直接入力してください。
6. 「設定完了」が表示されます。「完了」をクリックし、インターネット接続ウィザードを終了します。
7. 「ツール(T)」メニューから「アカウント(A)」を選択します。「インターネットアカウント」ウィンドウが表示されます。
既に設定されているアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックします。
8. メールアカウントのプロパティウィンドウが表示されます。
「全般」で、以下のとおり必要な情報を入力します。
メールアカウント:
任意の設定名称
9. 「サーバー」で、「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れ、「設定」をクリックします。
10. . 「送信メールサーバー」のウィンドウが表示されます。「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」にチェックを入れ「OK」をクリックします。
11. 「接続」タブをクリックし、以下のように設定します。
接続:
「このアカウントには次の接続を使用する(U)」を選択
※ADSL回線や光回線、ルータをご利用の場合、このチェックは外してください。
普段ダイヤルアップ接続をお使いの方が電子メールの送受信時に自動的に接続させたい場合、チェックを入れ、お望みのダイヤルアップ接続名をお選びください。
12. 「詳細設定」タブをクリックし、、「サーバーのポート番号」を設定します。
送信メール(SMTP)(O):
587に変更する
13. 「OK」ボタンをクリックし、さらに「インターネット アカウント」ウィンドウの「閉じる」ボタンをクリックします。Outlook Expressのウィンドウに戻ります。
14. メニューバー内の「ツール(T)」から「オプション(O)」を選択し、「オプション」を表示します。
15. 「送信」タブをクリックし、以下のように設定します。
送信:
「メッセージを直ちに送信する(I)」のチェックを外す
メール送信の形式:
「テキスト形式(P)」
16. 「テキスト形式の設定(E)」をクリックし、以下のように設定します。
メッセージ形式:
MINE(M)
エンコード方式(E):
なし
17. 「OK」をクリックして「オプション」に戻ります。
さらに「OK」をクリックして「オプション」を閉じます。
以上で設定は完了です。
 よりセキュアな環境でSpinNetメールをご利用になりたいお客様は、メールの暗号化通信をご利用ください。ご利用の場合はメールソフトの設定が必要です。
 詳しくはこちらをクリックしてください。